縁なしカラコンの体験談

縁なしカラコンでナチュラルなやさしい印象に

 

最初にカラコンに興味を持ったのは、大学生の時です。

 

 

目は大きめなのに黒目が小さいので、真顔だと怖いといわれたり、少しアイメイクをしただけでキツイ目になってしまうのが悩みだったので、カラコンで黒目がちになりたいと思ったのがきっかけでした。

 

 

当時は、日本製だとワンデーアキビューのディファインが出始めた頃で、早速眼科に行ってお試しでつけさせてもらいました。

 

つけてみると、私の目にはベースカーブやサイズが合わなかったのか、まばたきのたびにズレてしまい、結局諦めることにしました。

 

 

その後、社会人になると色々な種類のカラコンが発売されて、友人や同僚にも使っている人が増えたんです。

 

友人に相談すると、ナチュラルに見える着色径の小さいもので、輪郭がはっきりしていないタイプを勧められました。

 

 

これが私にぴったりで、初めて着けたときは感動しました。一気に顔が優しくなって、目の印象が全然違うんです。

 

少し色味が薄いかな?と思うくらいが、ナチュラルで悪目立ちしにくいと思います。

 

ちなみに、眼科で取り扱っているものではなく通販サイトで買ったのですが、定期的に眼科に通って(3か月に1回)、目に異常がないか診てもらっています。

 

 

周りからは、「メイク変えた?」くらいの反応で、カラコンと気づかれることは少ないです。でも、自分自身が目に自信が持てるようになったので、メイクも楽しめるし写真をとるのも好きになりました。

 

初心者さんは大きくて濃い発色のものより、ナチュラルなものから挑戦することをおススメします。