普通の眼科ではカラコンを処方してもらうことはできません。

 

驚かれるかもしれませんが、普通の眼科ではカラコンをそのまま処方して貰うことはできません。

 

 

なぜかといいますと、 カラコンはもともとおしゃれ目的の道具なので、医療機器ではないからです。

 

 

それなのに、普通のコンタクトレンズは視力矯正のための医療機器です。

 

 

色がついているかいないかの違いだけなのに、使用目的が違うので規制する法律も違っていたんですね。

 

 

ところが、平成21年に、カラコンの健康被害が出たことから、カラコンの規制が始まりました。

 

 

その際、「身体に与える影響は普通のコンタクトレンズと同じなんだから、コンタクトと同じ薬事法で規制するべき」という話になったわけです。

 

 

こうして、おしゃれ目的のものが医療機器という、なんとも不思議な状態ができてしまったのです。

 

 

なので、眼科の先生も困っています。

 

 

「医療目的じゃないもので、しかも健康に悪いものを処方する」 ことになるからです。

 

 

下手なことを言ってしまうと、何かあった場合に責任が発生しますので。

 

 

こういう理由もあって、普通に眼科にいって「カラコンを処方してください」といっても難しいわけです。

 

 

なので、眼科に行くときは、「コンタクトを付けたいのだけど、目の状態を検査してください。」と言うようにしましょう。

 

 

カラコンの使用はあくまで自己責任です。

 

 

 

 

※コンタクトやカラコンの販売店のとなりに出張してきている眼科の先生は処方してくれることもあります。

 

 

これは、お店が販売のために、懇意にしているお医者さんを呼んでいるからです。